メサイアの研究者

 

Marilyn Arnold Mormon Scholar マリリン・アーノルド

私はイエス・キリストを通してのみ、この死すべき体が肉体の死と霊の死から贖われることを信じています。

マリリン・アーノルドはブリガム・ヤング大学(以下「BYU」)の英語学の名誉教授で、大学院院長、ダリン・H・オークス前学長の補佐官、「文学におけるキリスト教の価値」研究センターのディレクターを務めました。ウィスコンシン大学メディソン校よりアメリカ文学でPh.D.を取得。その後数多くの研究賞、教育賞を受け、また講演を行ってきました。ウィラ・キャザー(Willa Cather)の作品に関しては国際的に有名な研究者で、学術的な場で知名度の高い作家であり話者でもあります。退職してからはほかの何よりも小説の執筆に力を注いでいます。彼女の精神的なよりどころとなり深く心に刻まれている南ユタの砂漠の街の風景を題材として書き続けています。熱心なハイカー、スキーヤー、テニスプレーヤーです。アーノルド教授はウィメンズ・リサーチ・インスティテュートを通して長年BYUと交流があります。セント・ジョージにあるディキシー州立大学理事会のメンバーです。

 

David M. Whitchurch Mormon Scholarデイビッド・M・ウィッチャーチ

デイヴィッド・M・ウィッチャーチはユタ州ソルトレイクシティで育ちました。高校卒業後、ユタ大学で伝道に出る前に1年間学びました。南西インディアンの中でのナバホ語での伝道から戻るとユタ大学に戻り、その後ユタ州立大学に転校。ユタ州のローガンにいる間、ティナ・リグビーと出会い結婚し3人の子供がいます。ウィッチャーチは1988年から教会で教えると共にBYUでフルタイムで教えました。彼は学士号、修士号、博士号を持ち、教授職でアメリカの南西部、西カナダ、中東、さらにユタのさまざまな場所に住む機会がありました。

 

Clyde J. Williams Mormon Scholar クライド・J・ウィリアム

イエスがキリストであり、神の御子であり、私たちの罪を贖われ人々がみな復活できるようにしてくださり、やがて地球を統治されるため栄光をもって戻っていらっしゃることを証します

イエスがキリストであり、神の御子であり、私たちの罪を贖われ人々がみな復活できるようにしてくださり、やがて地球を統治されるため栄光をもって戻っていらっしゃることを証します。

クライド・J・ウィリアムはユタ州のプロボで生まれました。キャシー夫人との間に5人の子供を持ち、19人の孫たちにも恵まれています。ユタ州サンディー在住。セミナリーを教えたり、LDS教会教育システムのカリキュラムを書いたり、現在はBYUの古代聖文の教授を務めています。「モルモン書参照手引き」の共同編集者で、「末日の預言者の教義と教え」などの著書の編集にも携わっています。

 

Thomas A. Wayment Mormon Scholar トーマス・A・ウェイメント

トーマス・A・ウェイメントはクレアモント大学院より新約聖書で博士号を取得。2000年6月に古代聖文学部の教授職につきました。BYUに来てからウェイメントは、救い主の生涯と主の御業が行われた歴史的な背景などを調査する研究プロジェクトに携わってきました。彼はさらに新約聖書の原稿の慣習の研究にも加わっていて、それがジョセフ・スミス訳の聖書のような現代の啓示に注いでいる光がどのようなものかを研究しています。彼はFreerによる福音書やパウロの著作のデジタル化にも参加していました。

 

John W. Welch Mormon Scholarジョン・W・ウェルチ

私の心と思いと魂は感謝の気持ち、平安、そして喜びで満たされています。それは、確信と経験によって、永遠の真理と私の主であり救い主の高貴な言葉と贖いの業の神聖な意味を知っているからです。その主は、イエス・キリスト、生きた神の息子、、この世で最大の光、大いなる望みである御方であることを知っています。

ジョン・W・ウェルチはJ・ルーベン・クラーク法律学校ロバート・K・トーマス教授です。彼はFARMSの設立者で、BYU研究の編集責任者、聖書文学学会の一部門の役員です。彼は聖書律法と、新約聖書の中のユダヤ、ギリシア、そしてローマ法のクラスを教えています。彼はBYU、オックスフォード大学、デューク大学で学びました。彼はジーニー・サットンと結婚し、4人の子供と14人の孫たちに恵まれています。彼は二度ビショップの召しを果たし、ステーク会長会でも働きました。彼は聖文研究で多くの重要な発見をしています。その中にはモルモン書の交錯配列法の発見、良きサマリヤ人のたとえを完全な救いの計画の寓話化であるとする発見があります。

 

Camille Fronk Olson Mormon Scholarカミール・フロンク・オルソン

私たちは自分だけの力で何か価値のあることをすることはできませんが、唯一贖い主イエス・キリストの慈悲、功労、恵みによって救われるのです。

カミール・フロンク・オルソンはBYUの古代聖文の准教授です。BYUより近東研究で修士号を、社会学の中東研究(ウェストバンクとガザ地区のパレスチナ家族研究)でPh.D.を取得しました。目下LDSの教義、聖書に登場する女性、異教徒間の対話に注目したリサーチと学術研究を試みています。

 

Roger Keller Mormon Scholar ロジャー・ケラー

ロジャー・ケラーは現在、宗教解釈学科のリチャード・L・エバンズ学科長と比較世界宗教学を教えています。彼は改宗者で、以前は長老派とメソジスト派の牧師でもありました。彼の著書は異教徒間の対談とモルモン書に関するものです。

 

Alison Coutts Mormon Scholar アリソン・クーツ

イエス・キリストは世の救い主、贖い主です。彼なしに、彼の贖いの犠牲なしに、人生には意味も望みも喜びもありません。私は主が生きておられ、私たちを愛しておられ、私たちを救う役目を喜んで引き受けられたことに深く感謝しています。

アリソン・クーツはイギリスのロンドンで生まれ、今も母親の住む(イギリス南部にある)ワイト島で育ちました。1980年、彼女はドイツで末日聖徒キリスト教会に加わりました。1993年にアメリカに来るまでそこに住んでいました。BYUでニール・A・マックスウェル・インスティテュート宗教奨学財団の出版部門のディレクターを務め、いくつかの出版物の編集を手がけています。古代近東研究で修士号を取得しています。

 

Bart J. Kowallis Mormon Scholarバート・J・コワリス

イエス・キリストの福音は私たちが「研究し学ぶ」よう勧め、「人は無知のまま救われることはない」と教えています。私にとってモルモン書に登場する人々やできごとは大変意味深く、それらの人々の生き方や問題、置かれていた環境をより深く理解するにつれ、あわれみと同時に親近感をおぼえます。

バート・J・コワリスはBYUの地質学教授。学士号をBYUから、修士号とPh.D.をウィスコンシン大学より取得しています。物理地質学、構造地質学、野外地質学、物理学のクラスを25年以上にわたりBYUで教えてきました。研究や出版物は主に、地質年代学、層位学、構造地質学、特にユタ州で発見されている中生代の岩石についてです。2001年以来、コワリス教授は学生と、またユタ地質学調査と合衆国地質学調査の協力を得て、南北に伸びるウイニタ山岳の側面のマッピングを行っています。教授はアメリカ地質学会研究員で、1986年にアルクィン一般教養教育賞、2003年にはカール・G・メイザー一般教養教授賞を、共にBYUより受賞しています。

 

Frank Judd Mormon Scholar フランク・ジャッド

私は救い主が新約聖書とモルモン書で人々に示している愛と哀れみの模範に感謝しています。私は神の子供たちの傷ついた心を癒すイエス・キリストの贖いの力に畏敬の念を抱いています。
フランク・ジャッドはニュージャージーで生まれ育ちました。カリフォルニア州のサクラメントで専任宣教師として働いています。フランクはBYUより近東研究で学士号と修士号を取得し、次いで北カロライナ大学から新約聖書研究で修士号とPh.D.を取得しています。ジル・フィルモアと結婚、5人の娘がいます。BYUで古代聖文の助教授を務め、モルモン書と新約聖書のクラスを教えています。

 

Justin Su'a Mormon Scholar ジャスティン・スーア

私はイエスがキリストであると知っています。イエスは私の贖い主で生きておられます。救い主は私たちに道を示してくださっただけでなく、イエスが道であることを証いたします。

ジャスティン・スーアはBYUより学士号を取得し、現在、ユタ大学の修士課程に在学中です。スーア兄弟は、セミナリーとインスティテュートの宗教教育者で、EFY(Especially for Youth)というプログラムの話者を務めます。ニカラグアのマナグア伝道部で奉仕し、メリッサ・サンチェスとの間に3人の子供、ジェロム、マイア、エリアナがいます。

 

Jeffrey R. Chadwick, Mormon Scholar ジェフリー・R・チャドウィック

私は、イエスがよみがえられ、イスラエルの救世主であり、生ける神の御子であることの証人です。

ジェフリー・R・チャドウィックはBYU エルサレムセンター考古学と近東研究学教授、またBYUで教会歴史と教義を教える准教授です。BYUは末日聖徒イエス・キリスト教会により所有運営されています。W. F. オルブライト考古学調査研究所(エルサレム)上席研究員、Tell es-Safi/Gath 考古学プロジェクト(イスラエル)上席フィールド考古学者です。過去30年以上にわたり、聖書、モルモン書、ユダヤ研究、比較宗教学、考古学、近東研究学をユタ州とイスラエルにて教授。またイスラエルにおいて数々の聖書にまつわる遺跡を発掘しています。ユタ州オグデン出身。キム夫人と共にユタ州ファーウェストに住み、イスラエルのエルサレムに別宅があります。6人の子供とたくさんの孫たちに恵まれています。

 

Brent L. Top Mormon Scholar ブレント・L・トップ

ブレント・L・トップは教会歴史と教義の教授で、学部長を務めている。アイダホ・フォールズで生まれ育ち、デンマークのコペンハーゲン伝道部で専任宣教師として働きました。BYUより歴史で学士号を、インストラクショナル・メディアで修士号を、インストラクショナル・サイエンス&テクノロジーで博士号を取得しました。1987にBYU宗教教育教授職につく前は、教会教育システムでセミナリーとインスティテュートで教えました。トップ博士は1997年から2002年まで宗教教育学副部長を務めました。イリノイ州ペオリア伝道部の部長(2004-2007)となる前の2年間、道徳教育の基金教授職にありました。2009年には学部長となっています。アイダホ・フォールズ出身のウェンディー・コープと結婚、4人の子供がいます。ユタ州プレザント・グローブ在住。

 

Monte S. Nymanモンテ・S・ナイマン

モンテ・S・ナイマン博士は1958年、ユタ州立大学から修士号を、1965年、BYUから教育管理学で博士号を取得しています。北中部州で伝道しました。古代聖文で二度仮議長を務め、宗教教育副部長を9年間務めました。モルモン書研究所長を務め、モルモン書論文集9巻を編集しました。宗教研究センターの出版物の編集者の一人でした。「偉大なイザヤの言葉」を含め16冊の本の著者です。支部会長、ビショップ、高等評議員、ステーク伝道部会長とステーク会長会顧問を務めてきました。BYUエルサレム・センターと南バージニア大学で教え、今は退職しています。メアリー・アン夫人との間に8人の子供を持ち、25人の孫たちと1人の曾孫がいます。

 

Keith Perkins Mormon Scholar キース・パーキンズ

私はイエスがキリストであり、私の贖い主、救い主であられることを知っています。主はご自身に私の罪を受けられ、この地球上に主の教会を再び回復されました。

キース・パーキンズはBYUから博士号を取得し、そこで1975年から1999年まで教えました。パーキンズはさらに1962年から1975年まで、CESの講師として、USAFで役員として働きます。また、ノーブーにあるジョセフ・スミス・アカデミー、カークランドの訪問者センター、宣教師訓練センター、そしてBYUハワイ校で奉仕しました。それに加えて、パーキンズはステークの伝道会長、高等評議員、ビショップ、神殿の結び固めの執行者、そしてステーク会長として務めました。長年の教会での奉仕の間、彼は「福音の教義」のレッスン作りを助け、また資料評価委員会の一員としても働きました。

 

Milton V. Backman Mormon Scholar ミルトン・V・バックマン

ジョセフ・スミスの大きな貢献は、新約聖書時代のキリスト教(教義、組織および神権の権威)を回復し、イエス・キリストを現代に証する新しい聖文を世に現したことです。

ミルトン・V・バックマンはBYUの教会歴史の名誉教授を38年間勤めてきました。出版物としては本が8冊、40あまりの論文や福音の回復に関するパンフレットがあります。最も知られている本は「ジョセフ・スミスの最初の示現」、「回復の目撃証言」、「天の響き」、「ノーブーの人々と力およびアメリカのキリスト教会:起源と信仰」です。シャロン・リッチーと結婚し12人の子供を持ち、53人の孫たちに恵まれています。

 

Kent Harrison Mormon Scholar ケント・ハリソン

私はモルモン書が真実であることを知っています。救い主イエス・キリストの多くの証に感謝しています。同様に、ジョセフ・スミスが預言者であること、私たちが引き続き預言者によって導かれていることを知っています。また、イエス・キリストの福音が真実であることを知っています。

ケント・ハリソンはBYUとプリンストン大学で学び、物理学と天文学を36年にわたり教えてきました。その間、2年間はジェット推進研究所に所属しました。2000年に退職しています。ケントは約50の論文と、著者、共著者として3冊の本を出版し、5つの大陸で講義を行った経歴があります。ケント・ハリソンとジャニス夫人との間に4人の子供を持ち、12人の孫たち、6人の曾孫たちにも恵まれています。

 

Alan K. Parrish Mormon Scholar アラン・K・パリッシュ

アラン・K・パリッシュは1984年からBYUで教えています。1968年に経営学で学士号と、1973年にMBAをユタ州立大学で取得、1981年に南カルフォルニア大学で教育博士号を取得しました。マーシャ夫人との間に3人のお子さんがいらっしゃいます。

 

シンシア・L・ハレン

イエス・キリストの贖いの血は、私たちが癒され聖霊で満たされるように、その名をまるで酸素のように私たちの体の一つ一つの細胞にまでも行き渡らせる。

シンシア・L・ハレン教授はBYUの言語学と英語学の准教授です。エミリー・ディキンソン・オンライン辞書の編集長であり、エミリー・ディキンソン辞書(EDL)、英語のノア・ウェブスター1844年アメリカン・ディクショナリーを含むウェブサイトの編集長です。彼女の出版物はディキンソン研究、エミリー・ディキンソン・ジャーナル、辞書、名前に関する論文、またモルモン書研究ジャーナルの論文を含みます。

 

Kaye Hansonケイ・テリー・ハンソン

ケイ・ハンソンは息子娘を持つ二児の母で、9人のすばらしい孫たちにも恵まれています。ユタ州プロボ在住。BYUマリオット経営学校でマネージメント・コミュニケーションを教え、今は退職しています。

イスラエルのエルサレムにあるBYUエルサレム・センターで副所長として働いた頃が、一番楽しかったと話しています。若い頃ドイツで宣教師として奉仕し、最近またヨーロッパで伝道しています。そのほか、中央若い女性会長会のメンバーとして働いたのに加え、教会の補助組織全般にわたって召しを果たしてきました。現在はプロボのワードで「福音の教義」の教師をしています。

 

Eric D. Huntsman Mormon Scholar エリック・D・ハンツマン

エリック・D・ハンツマンは1990年古典ギリシャ語とラテン語でBYUから学士号を取得しました。1992年に修士号を、1997年にPh.D.をペンシルベニア大学より取得しています。BYUで9年間古典文学を教えました。2003年宗教教育に転向し、現在、古代聖文の准教授を務めます。また古典と古代近東学研究の提携教職員であり、ギリシャ語の新約聖書、第二神殿ユダヤ主義、ローマ世界のクリスチャンに興味を持っています。彼はタイのバンコク伝道部で奉仕し、6年間教会のビショップの任期を勤め、現在はプロボ神殿でオーディナンス・ワーカーとして奉仕するとともに、モルモン・タバナクル合唱団の団員として活躍しています。イレイン夫人との間に2人の子供、レイチェル、サミュエルがいます。

新約聖書、そして聖文全般への愛はイエス・キリストについての証と戒めを守る強い決意からきています。LDS教会の中で育ちましたが、10代に聖書地帯(根本主義の信者の多い地方)に住んでいた頃、イエスが救い主であるという個人の証を得ました。愛を示す最良の方法は、信仰と知性とを結びつける形でこの回復された教会で奉仕し、主に仕えることであると彼は考えています。

 

Virginia Pearceバージニア・ピアス

バージニア・ヒンクレー・ピアスは1945年2月8日生まれで、作家であり、また1992年から1997年まで中央若い女性会長会のメンバーでした。第15代大管長ゴードン・B・ヒンクレーの娘です。1992年、ジャネット・C・へイルズ中央若い女性会長会会長の第一顧問として召されました。1997年、新会長にマーガレット・D・ナドールドが召されるまで顧問として務めました。また、末日聖徒イエス・キリスト教会の運営するデゼレト・ブックの役員です。出版物は成人向けに2冊、子供向けに4冊(共著)があります。1965年、ジェームズ・R・ピアスと結婚し6人の子供がいます。

 

Cecilia Peekセシリア・M・ピーク

セシリア・ピークはBYUの古典文学と比較研究の准教授です。BYUより古典文学で学士号を、カリフォルニア大学バークレー校より古代史と地中海考古学で修士号とPh.D.を取得しています。ヘレニズムとローマの歴史に加え、ギリシャ語とラテン語の散文文学、古典歴史編集に興味を持っています。セシリアは末日聖徒イエス・キリスト教会の宣教師となりドイツのフランクフルトで伝道しました。

 

Daniel Peterson Mormon Scholar ダニエル・C・ピーターソン

ジョセフ・スミスの主張と彼が創設した教会が真実であるとの確信は、知的な分析と実験的な証拠とさらにはよく言われる一瞬のひらめき(LDSのみなさんに対しては、私はこれを個人の啓示と呼びたいと思います)全部合わせたものの上に成り立っています。

ダニエル・C・ピーターソンは南カリフォルニアの出身で、BYUよりギリシャ語と哲学で学士号を取得しています。エルサレムとカイロで7年間勉強した後、カリフォルニア大学ロサンジェルス校(UCLA)から近東言語と文化でPh.D.を取得しました。ピーターソン博士はBYUのイスラム研究とアラビア語の教授で、アラビア語と文学の全レベル、イスラム哲学、イスラム文化と文明、イスラム宗教、コーラン、中東研究専攻学生向けの入門コースと上級最終コース、そのほか多様なクラスを折あるごとに教え、特別クラスなども教えています。年に2度発行されるFARMS レビューという雑誌の編集者であり、「マホメット:神の預言者」(Eerdmans, 2007)という自叙伝も含め、イスラムとLDSに関する書籍や多くの論文の著者であり、アメリカ国内、ヨーロッパ、オーストラリア、ニュージーランド、近東とアジアのさまざまなイスラム教の大学で教えています。

 

Susan Easton Black Mormon Scholar スーザン・イーストン・ブラック

私はイエスがキリストであること、世の救い主であることを知っています。

スーザン・イーストン・ブラック博士は、BYUより政治学で学士号を、カリフォルニア大学バーナディーノ校よりカウンセリングで修士号を、BYUより教育心理で博士号を取得後、1978年BYUで教職につきました。現在は教会歴史と教義の教授を務め、エライザ・R・スノー特別研究員です。過去には一般教育とオーナープログラムの副学部長、宗教研究センターにおいては教会歴史のディレクターでした。ブラック博士は数々の学術賞を受賞しています。2000年にはBYUプロボ校で教授の受けられる最高の賞であるカール・G・メイザー著名教授講義賞を受賞しています。ブラック博士の著作、編集した出版物は本が100冊以上、論文は200以上にのぼります。ハービー・B・ブラックと結婚し8人の子供がいます。現在、末日聖徒イエス・キリスト教会で若い女性の会長をしています。

 

Juan Henderson, Mormon Scholarフアン・ヘンダーソン

フアン・ヘンダーソンはLDSセミナリー・インスティテュートの講師です。ネバダ州のラスベガスで育ちました。南ユタ大学ではフットボールの奨学生でした。1986年、南ユタ大学で二年生の時、末日生徒イエス・キリスト教会の会員になり、テネシー州ナシュビルで末日生徒イエス・キリスト教会の宣教師として働きました。フアンは南ユタ大学から体育で学士号を、フィニックス大学から教育学で修士号を取得しました。フアンとタミー夫人には5人の子供がいます。ユタ州サンディー在住。

 

Paul Y. Hoskisson Mormon Scholar ポール・Y・ホスキッソン

私が深く感動しているのは、非常に数多くの一見小さく思われる証拠と、かたや、ためらいもなく私たちの眼前に提示される壮大な証拠があって、神の実在について、その愛と全知、全能について、そして創造の業に見られる細かい配慮について証しているという事実です。

ポール・Y・ホスキッソンはBYUの古代聖文学の教授で、以前は宗教学部の副学部長でした。現在は古代の研究とモルモン研究財団(FARMS)とモルモン書研究のローラ・F・ウィレスセンターを管理しており、どちらもニール・A・マクスウェル研究所内にあります。彼はさらに東洋研究のアメリカン学校の理事会で学校の代表を務めています。ホスキッソン教授はイリノイで生まれ、6つの違う州で育ち、そしてプロボ高校を卒業しました。オーストリアでの伝道を終えた後、BYUでイディッシュ劇に関する論文で修士号を取得し、マサチューセッツ州にあるブランダイス大学では地中海研究で博士過程に進み、旧バビロニアをテーマに博士論文を書きました。大学院の間はテュービンゲン(ドイツ)、チューリッヒ(スイス)の大学で働きました。セム語の言語学や固有名詞学に加えて、末日聖徒の聖典法令集に関心を持っています。

 

ラリー・C・ポーター

ラリー・C・ポーターはBYUの教会歴史と教義の名誉教授です。ユタ州立大学から1957年に歴史学で学士号を、1966年と1971年にそれぞれ宗教歴史で修士号とPh.D.を取得しています。「預言者ジョセフ・スミス:預言者ジョセフ・スミスの生涯と使命(また、ニューヨーク州とペンシルベニア州における末日聖徒イエス・キリスト教会の起源)についてのエッセイ」の著者です。

 

John F. Hallジョン・F・ホール

ジョン・F・ホールはBYUで古典文学と古代歴史を教えています。彼は学士号をBYUから、修士号をプリンストン大学から、Ph.D.をペンシルベニア大学から取得しています。ローマ史が専門のR. E. A. パルマーから学びました。古典学者の集まりである中西中南古典協会の会長を務めました。その時、バチカンの遺物のコレクションから収蔵品を展示する「エトルリア展」をBYU美術館が開くのを助けました。彼の編集した「イタリア・エトルリア」は、著名なローマ史の専門家、エトルリア史の専門家、BYU教授からの投稿などを集めたものです。また、ホールは末日聖徒の観点に照らして初期キリスト教について語る重要な作品を書き、そのほか「新約聖書の図表」、「マサダと新約聖書の世界」や、キリスト教の基礎研究として「新約聖書・キリストの証人:ペテロ、ヨハネ、ヤコブとパウロ」 を書いています。

 

Terry B. Ball Mormon Scholarテリー・B・ボール

テリー・B・ボール教授はBYUの古代聖文の教授で宗教教育学部の学部長を務め、BYUに来る前には12年間セミナリーとインスティテュートを教えました。BYUより植物学と教育学の学士号、古代近東研究学で修士号、考古植物学でPh.D.を取得。古代近東研究学が専門です。BYUエルサレムセンター近東研究学研究所をはじめ、聖地において幅広く教育に従事し多くの地方を訪れています。

 

Richard Neitzel Holzapfel Mormon Scholar リチャード・ネイツェル・ホルザップフェル

リチャード・ネイツェル・ホルザップフェルはBYU、ヘブライユニオンカレッジ、およびカルフォリニア大学アーバイン校でそれぞれ学士号、修士号、および博士号を取得し、中東研究、ユダヤ人歴史、古代史、アメリカ史、そして19世紀のアメリカ宗教史を学びました。ジェニ・ブロバーグと1978年に結婚し、5人の子供がいます。リチャードは1993年にBYUの助教授となり、教会歴史、古代聖文、歴史を教え、教義と聖約と新約聖書のオーナーのクラスも教えています。1997年から1998年にはBYUイスラエルセンターで教えました。ホルザップフェル博士は現在、BYUの宗教研究センターの出版物「宗教教育者」のディレクターを務めています。

 

Robert Matthews Mormon Scholarロバート・マシュー

ロバート・J・マシューはワイオミングのエバンストンで生まれました。彼は学士号、修士号、Ph.D.の学位をいずれもBYUより取得しています。専門は政治学、地理学、宗教です。1955年よりアイダホ州ソーダ・スプリング、カリフォルニア州ロサンジェルス、そしてBYUにおいて、教会教育システムで教えました。彼はまたセミナリーとインスティテュートのコースを書き、編集し、リサーチしてきました。BYUで宗教教育の部長を8年半務め、1992年に退職するまで古代聖文を教えました。また、大祭司、ビショップ二期、教会の成人コーリレーション・レビュー・コミッティーとして務めたほか、BYU第8ステーク会長、祝福師、ユタ州ティンパノガス山神殿の神殿会長会の召しも果たしました。リサーチ、特に聖典とジョセフ・スミスの生涯とその功績について、多くのリサーチの機会に恵まれました。何度か聖地へ赴き、聖書を題材として講義をしています。マシュー祝福師はシャーリー・ニーブスと結婚し、4人の子供を持ちました。2009年8月死去。

 

Daniel McKinlay Mormon Scholar ダニエル・マッキンレイ

私はナザレのイエスが神の御子としてあらかじめ選ばれており、この御方の名の下に人類に救いが与えられることを知っています。

ダニエル・マッキンレイは ニール・A・マクスウェル・インスティテュート宗教奨学財団の参考図書主事を務めます。1974年、BYUより歴史学で学士号をとり、1978年、ボストン大学神学校から宗教学で修士号を、1986年、バージニア大学から新約聖書で修士号を、そして1992年にBYUより図書館と情報科学で修士号を取得しました。彼はニール・A・マクスウェル宗教研究所に1998年から関わっており、ホノルルとバージニア州シャーロッツビルでインスティチュートを教えました。夫人と6人の子供を持ち、2人の孫がいます。

 

Joseph Fielding McConkie Mormon Scholar ジョセフ・フィールディング・マッコンキー

預言者ジョセフ・スミスによって回復された神聖な誓約と儀式に通さずに、人はキリストによって救われるために必要な知識を得ることは出来ません。

ジョセフ・フィールディング・マッコンキーは古代聖文の名誉教授で30年間BYUで教えました。教義に関する書籍の著者、共著者として29冊を出版。そのほかモルモン書、教義と聖約、福音の象徴主義についての評論などがあります。アリゾナ州サフォード出身のブレンダ夫人との間に9人の子供を持ち、多くの孫たちに恵まれています。

 

Marcus Helvecio Martins Mormon Scholarマーカス・エルベシオ・マーティンズ

主について全てのことを知っているわけではありませんが、イエス・キリストが全能の主なる神で、生ける神の御子であり、この世の救い主、贖い主であるということに、私は何の疑いも持っていません。主を信じ、信頼し、愛しています。そしていつの日か主にまみえて、主の足に口づけしたいと願っています。

マーカス・エルベシオ博士はBYUハワイ校の宗教学科の前学科長で、ブラジルのリオデジャネイロの出身です。彼は社会学で博士号を取得しており「記録を正す:黒人とモルモンの神権」(ミレニアル出版, 2007)の著者です。教会ではビショップ、ステークの高等評議員、神殿オフィシエイター、そしてモルモン書の翻訳者として奉仕しました。ミリアン・アベリ・バルボサと結婚し、4人のお子さんと2人のお孫さんがいらっしゃいます

 

Kerry M. Muhlestein Mormon Scholar ケリー・M・ミュレンスタイン

イエス・キリストが神の御子で私の罪のために苦しまれたという知識があることを喜びに思います。聖霊との交わりと贖いの力の両方を身近に感じることは、私に他のどんな方法を使っても得られない力と安心感を与えてくれています。

ケリー・M・ミュレンスタインはBYUから心理学で学士号を取得。BYUエルサレムセンターでヘブライ語も学んでいます。修士号は古代近東研究学でBYUから、Ph.D. はエジプト学でUCLAより取得しています。BYU、UVSCエクステンションセンター、カル・ポリー・ポモナ、UCLAで教えています。現在はエジプトにあるアメリカン・リサーチ・センターとBYUエジプト発掘プロジェクトに参加しています。夫人ジュリアンさんと6人の子供がいます。

 

J. Ward Moody Mormon Scholar J・ワード・ムーディー

イエス・キリストが私たちの救い主で贖い主であることを、私の持てるすべての確信をもって知っています。私は科学の真実性を信じていますがキリストの真理を知る手段についてはより強い確信があります。

J・ワード・ムーディーはBYUで物理学と天文学を教えています。彼は1987年、天文学の博士号をミシガン大学より取得しました。観察宇宙学の卓越した研究者で、世界の天文学協議会の学会誌の関係では最大の出版社ASPCの編集長を務めています。2006年にカール・G・メイサー一般教育教授職における優秀教育賞を受賞しました。シンディー夫人との間に6人の子供がいます。

 

Jared Ludlow Mormon Scholar ジェレド・ラドロー

ジェレド・ラドローは6年間BYUハワイ校で宗教と歴史を教え、過去2年間は歴史学部の部長を務めました。ラドローはBYUより近東研究で学士号を、カリフォルニア大学バークレー校より聖書ヘブライ語で修士号を、カリフォルニア大学バークレー校とグラデュエット神学ユニオンより近東宗教でPh.D.を取得しています。マーガレット・ネルソンと結婚、5人の子供がいます。

 

Victor Ludlow Mormon Scholarビクター・ラドロー

ビクター・ラドローはイザヤとユダヤ主義の研究者です。BYUを優等で卒業し、ハーバード大学とブランディス大学でダンフォース特別研究員となり、近東研究とユダヤ研究でPh.D.を取得しました。ラドロー教授の研究は、聖書研究、中東、ユダヤ人の歴史、神学、末日聖徒神学比較が中心です。また、教授は書籍および論文を多数出版しています。

 

Noel Reynolds Mormon Scholar ノエル・レイノルズ

ノエル・レイノルズは法哲学や政治哲学、モルモン書のクラスを4年間BYUで教えました。古代調査とモルモン研究財団および関連のプロジェクトのディレクターを長年勤めています。マクミランのモルモニズム辞典の編集員も務めました。ブリルから出版された死海文書電子ライブラリーのプロデューサーでもあります。書籍や論文には、モルモン書、モルモンの歴史、初期キリスト教徒の背教に関するものなどがあります。

 

Michael Rhodes Mormon Scholar マイケル・ローズ

みなさん、私はイエス・キリストが救い主であることを知っています。私の人生の善いものはすべて主からいただいたものです。

マイケル・ローズはBYUの古代聖文学とリサーチの准教授で、17年にわたり教えてきました。それ以前はアメリカ合衆国空軍士官学校で助教授として物理を教え、同学の天文台のディレクターも務めています。

著作権 © 2018 メサイア:見よ、神の子羊. すべての内容は著作権を有します。
このウェブサイトは、末日聖徒イエス・キリスト教会が所有あるいは関連するものではありません。(同教会は、モルモン教会あるいはLDS教会と呼ばれることがあります。)このサイトで表現されている意見や見解は、必ずしも同教会のものではありません。ユーザー個人が表現している意見や見解は、各ユーザーが責任を持ち、必ずしも教会の位置を表すものではありません。キリスト教の公式のウェブサイトでは、LDS.orgまたはMormon.orgをご覧ください。