メサイアの制作者

S・ケント・ブラウン(考案者)

S・ケント・ブラウンは、末日聖徒イエス・キリスト教会が所有運営するブリガム・ヤング大学の古代聖書の教授職を退任し、現在BYU エルサレムセンター近東研究の学術担当副所長を務めています。1993年から1996年までは BYUエルサレムセンター所長を勤めました。1967年にカリフォルニア大学バークレイ校から古代ギリシャ語の学士号を取得、近東言語を副専攻しました。1972年、ブラウン大学から宗教学の博士号を、専門分野は新約聖書と初期キリスト教徒研究です。

スターリング・ヴァン・ワーゲネン(監督・制作責任者)

スターリング・ヴァン・ワーゲネンは受賞暦を持つディレクターでありプロデューサーでもあります。 ロバート・レッドフォードとユタのパークシティにサンダンス映画祭を共同設立し、サンダンス・インスティチュートで初代の常務取締役を務めました。 また、ブリガム・ヤング大学とオーランドのセントラルフロリダ大学でフィルムを教えました。

最近では、 御業と栄光三部作:のパート2 「アメリカのシオン」 とパート3 「分断された家」 で演出を務めました。

ゲイ・ストラサーン(ホスト)

ゲイ・ストラサーンはオーストラリアで生まれ育ちました。彼女は1987年秋にエルサレム海外学習に参加し、1989年に学生としてのBYUにやって来ました。近東研究で学士号と修士号を取得し、その後、クレアモント大学院大学においてPh.Dを取得。新約聖書が専門です。

アンドリュー・C・スキナー(ホスト)

アンドリュー・C・スキナーは、コロラドで生まれ育ちました。コロラド大学で歴史を専攻して学士号を取得。その後 、アイリフ神学校よりユダヤ人研究で修士号を、聖典ヘブライ語でハーバード大学より神学修士号を取得しました。エルサレムのヘブライ大学で大学院の研究を、デンバー大学においては近東・ヨーロッパ歴史を研究しPh.D.を取得しました。ユダヤ教が専門です。

ジョン・S・タナー(ホスト)

ジョン・S・タナーは、1974年にブリガム・ヤング大学から学士号を、1980年にはカリフォルニア大学バークレイ校より博士号を取得しています。また、ブラジルではフルブライトの研究者でした。主に、ジョン・ミルトンについて研究し、1992年には
アメリカミルトン学会より「エデンの 不安」 でベストブック賞を授与されました。タナー氏はBYU英語学部の前主任を務め、2004年にBYU副学長に就任しています。

ニール・A・マックスウェル・インスティチュート宗教奨学財団

The ニール・A・マックス・インスティチュート宗教奨学財団 の存在意義は、最高度の研究に基づいてイエス・キリストの回復について記述し、その正当性を主張することです。この組織はよく吟味され編集されたオリジナル資料(古代宗教文献) を世界中の研究者や一般の人々に提供し、イスラム教の研究者にオリジナル資料の優れたバージョンを提供することで理解と善意の架け橋になり、さらには末日聖徒の諸研究において信仰の支えとなることを目指しています。

BYUtv

2000年1月の放送開始から、BYUtvは視聴者が画面を通して世界中の善いものに出会えるよう、精神を高揚させ楽しませるプログラムの提供に努めてきました。

BYUtvは、衛星放送を直接受信したり、ケーブルや衛星放送プロバイダーを通して、また、インターネットストリーミングを通してご覧ただけます。詳しい情報、オンディマンドで全エピソードをご覧になるには、byutv.orgをご利用ください。

カレイドスコープ・ピクチャーズ

カレイドスコープ・ピクチャーズは1998年に設立されたフルサービスのプロダクションで、インパクトの強い、価値観を貫く原則中心のメディアとしての特性を生かした独創的な存在です。カレイドスコープ・ピクチャーズは、フォーチュン500コンサルティング会社の1つであるフランクリン・コヴィー社をプレミア・パートナーとして、社会問題、グローバル・ビジネス・ソルーション、活躍している個人などに注目した100近いドキュメンタリーを制作してきました。メディアの強力な影響力を使って、世界中の個人の生活向上や団体組織の改善を促すことを目指しています。

著作権 © 2018 メサイア:見よ、神の子羊. すべての内容は著作権を有します。
このウェブサイトは、末日聖徒イエス・キリスト教会が所有あるいは関連するものではありません。(同教会は、モルモン教会あるいはLDS教会と呼ばれることがあります。)このサイトで表現されている意見や見解は、必ずしも同教会のものではありません。ユーザー個人が表現している意見や見解は、各ユーザーが責任を持ち、必ずしも教会の位置を表すものではありません。キリスト教の公式のウェブサイトでは、LDS.orgまたはMormon.orgをご覧ください。